ホーム>商品紹介>昭和モダン>ラム・サバラン
昭和モダン

ラム・サバラン

ラム・サバラン

 

これも今では作るケーキ屋がなくなったお菓子の一つです。

サバランは元々フランスの伝統的なお菓子で、1900年初頭、美食家ブリヤ・サヴァランが考案したお菓子と言われています。

バターを練り込んだパート・ルヴェと言われるパン生地に、たっぷりのラム酒シロップを染み込ませたケーキです。

日本のサバランはラム酒の香りが控えめで、カレーパンのような形に作ってホイップクリームを絞っただけの単純なものが主流でした。

夢天菓のサバランは当時の懐かしさを保ちつつ、カスタードクリーームをプラスして現代風にアレンジしてあります。

20代、30代の人には新しく、40代以降の人には懐かしいケーキです。

一日にあまりたくさん作らないので、確実に欲しい方は予約して下さいね。

ページ上部へ