ホーム>商品紹介>ケーキ>ティラミス
ケーキ

ティラミス

ティラミス

1986年頃に日本で一世を風靡したイタリアのお菓子「ティラミス」は
「ズッパ・イングレーゼ」というお菓子がルーツだと言われています。

器にスポンジとカスタードクリームを交互に重ねたお菓子ですが、
スポンジに溢れるほどのシロップを浸すのが特徴です。

“ズッパ”はスープ、“イングレーゼ”はイギリス風で、
直訳すると「イギリス風スープ」になりますが、
「スープのようにスプーンですくわないと食べられないほど柔らかいお菓子」
という意味があるそうです。“

イギリス風”は「イギリス人が伝えた」という説と
「イギリス人でも出来る簡単なもの」という説があるそうです。

話が反れましたが、
ティラミスはマスカルポーネというチーズのクリームと(チョコ)スポンジを重ね、
たっぷりのエスプレッソを染み込ませたお菓子です。

やはりスプーンですくわないと食べられないので、
器に仕込むのが一般的です。

ブームになった頃はバッタ物が多く出回り、
本来のティラミスの味が冒涜されるような時期もありましたが“
私を天国に連れて行って”という名前のように、
ちゃんと作れば本当に天に昇るほど美味しいお菓子だと思います。

夢天菓のティラミスは僕がイタリアで食べた時に
「わっ、うめぇ!」と思った味を出来る限り再現したものです。

国産ですが上等のマスカルポーネを使い、
しっかりとコクを出して淹れたエスプレッソを使い、
舌にざらつかないスポンジを使い、ちゃんと美味しく作りました。

表面にはパリパリのチョコレートをコーティングし、ココアをふりました。
飾りはシュー生地です。
 

 

ページ上部へ