ホーム>商品紹介>昭和モダン>昔ながらのモンブラン
昭和モダン

昔ながらのモンブラン

昔ながらのモンブラン

 

カップケーキの中をくりぬいてカスタードと生クリームをしぼり、
黄色いマロンペーストをニョロニョロと飾ったあれです。

 

なんだ、それか。 と思うなかれ。

意外だったのですが、
今、静岡で作っているケーキ屋さんが非常に少ないようです。

みんな茶色いモンブランになっていました。

つまり今のお子さんたちは、
茶色いモンブランで育ってきている訳ですね。

だから黄色いモンブランはきっと新鮮なはずだと思いました。

 

40歳以降の人はおそらく、
こどもの頃に食べたモンブランは黄色いモンブランでしょう。
この方たちには懐かしい味なのです。

 

ただ、みなさんあの頃から何年も生きてきて、舌が肥えているはず。

だから今の舌でも美味しいと感じるよう、
きちんとした内容で作っています。

 

スカスカしたスポンジではありません。
生クリームも上質です。
栗も決してケチりませんし、クドくならない甘さに仕立てます。

 

そしてきちんと調整した昔ながらの黄色いモンブランは、
「敏感な舌を持つお子様には、絶対美味しいと感じるはず」

いまだからこそ、この美味しさを再確認して欲しいです。

ページ上部へ