ホーム>きまぐれ更新ブログ>日記>たぬきケーキの目
日記

たぬきケーキの目

こちらは当店自慢のたぬきケーキです。

2017102223134.jpg

52歳になるシェフが子供のころに
どこぞのケーキ屋さんでも見かけたケーキなのですが、
最近では全く見る事がなくなりました。

 

それは良いとして、

最近小学生のお子様や、時には年配のお客様から
このたぬきケーキについて質問をされることがあります。

 

それは、

「この目の部分はどうやって作るんですか?」

というものです。

 

確かに見るからにチョコで硬そうなのに、
目のところだけ滑らかな形をしています。

 

普段何気なく買って頂いていても、
不思議に思ったお客様も多いことでしょう。

 

そこで今日は、
その作り方を写真でご紹介します。

 

それではご覧ください。

 

①まず切ったロールケーキにバタークリームをしぼり、
適温に溶かしたチョコレートをかけます。
2017102223335.jpg

②そこですかさず親指と人差し指で、頭の部分をシュッとつまむと、
2017102223356.jpg

2017102223417.jpg

③ほら、目の部分が出来上がりました。
2017102223435.jpg

④あとはアーモンドの耳と、目玉を絞れば出来上がりです。
2017102223453.jpg

 

いかがでしたか?

種明かしすれば「なぁんだ」みたいな理由でしたが、
すっきりした人もいるのではないでしょうか?

 

これは昔フランス菓子に追いつけ追い越せという時代に、
日本の洋菓子職人さんがお客様に喜んでもらおうと考え付いた技術です。

 

当時はまだ一般家庭に今ほど冷蔵庫が普及していませんでした。

そのために生クリームが中心のケーキが出来ず、
ある程度常温で保存可能なバタークリームのケーキが主流でした。

 

出来るケーキが少なかった当時では、
この愛らしいたぬきケーキは老若男女に人気だったそうです。

 

今では華やかなデコレーションが施された、
生クリーム中心のケーキが華やか過ぎて、
こうのような「昔の職人の心意気」が忘れられつつあります。

 

夢天菓でこのたぬきケーキを含む「昭和モダンシリーズ」は
そんな先代の創った日本の洋菓子の良き時代を守るために始めました。

 

30歳代のパティシエさんはもう知らない時代。

52歳の私だからこそ伝えられる事だと思っています。

 

このたぬきケーキも、
もっと他のケーキ屋さんでも作ってほしいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【特別注文ケーキ&イラストケーキご紹介コーナー】

イラストケーキ、マジパン細工等の作成物は1日1件しか描いたり作ったり出来ません。
イラストは最低お渡しの前日までに描いて冷凍保存、マジパンは乾燥保存します。
そのためどんな作成物も、
「このお客様のイラスト(等)は~月~日に作成する」という予定を立て、
順番にご予約を埋めていくようにしています。

お陰様で12月25日(月)クリスマスまでのご予約はいっぱいになりました。
たくさんのご注文、誠にありがとうございました。

毎年12月26日は休業です。12月28日(木)以降のご予約状況とご注文方法は
トップページ「
新着情報」よりご確認ください。

また詳しいご料金はトップページ「バースデイケーキのご案内」をご覧ください。

 

それではお待たせしました。

今週もどうぞご覧ください。

 

 

≪ ナシとブドウのタルト15cm ≫

チーズとクルミのタルト台にカスタードクリームを絞り、
ピオーネと梨をたっぷりのせました。
仕上げは煮切ったワインで作ったゼリーです。
ミルクチョコのリングは元々このためのデコレーションなのですが、
今回はメッセージプレート兼用です。

2017102223546.jpg

2017102223558.jpg

 

 

≪ 卵、乳アレルギー対応イチゴムース 15cm ≫

豆乳クリームで作った苺ムースを、
豆乳のホイップクリームで苺デコレーション風に仕上げました。
いつもメッセージプレートに使っているのはホワイトチョコで
乳成分が含まれているので使えません。
メッセージを書くチョコレートも豆乳クリームで作ったガナッシュです。

2017102223613.jpg

2017102223626.jpg

 

 

≪ 苺チョコデコレーション 18cm ハートのチョコ飾り ≫

いわゆるチョコスポンジとチョコクリームで作った
苺のショートケーキです。
スポンジにしみ込んだシロップも苺のシロップです。
今回はハートのチョコレートをオプションで飾りました。

2017102223641.jpg

2017102223657.jpg

 

 

≪ コーヒーバタークリームのケーキ 15cm ≫

昭和モダンシリーズの一つです。
コーヒーのスポンジ、コーヒーのシロップ、
そしてコーヒーのバタークリームです。
店頭では「モカ・ケーキ」という名前なのですが、
昔はコーヒー味をみんな「モカ」と呼んでいました。
何ででしょうね?
今度調べておきます。

2017102223724.jpg

2017102223739.jpg

 

 

≪ 筆文字イラスト ≫

【チョコデコレーション12cm 線描きイラスト(1)】

筆文字イラストと呼んでいますが、
フォントは何でもOKです。
お気に入りのフォントで書いた名前やロゴを持ってきてくだされば、
同じように作る事ができます。

2017102223753.jpg

201710222386.jpg

 

≪ ミニオンズ ≫

【フルーツデコレーション15cm フルカラーイラスト(1)影なし】

3人描いているからお値段は3キャラクター分?
このように全部同じ色合いなら、これで1キャラ分です。
ただ多く描けば描くほど一つが小さくなるので、
ディテールは描けない部分が出てきます。
今回もゴーグルは本当は枠にもう1本線が入っているのですが、
分かりにくくなるので敢えて描かなかったりしました。
鮮明さ、細部のディテールにこだわるのなら、
ドーンと1キャラクターを描くことをオススメします。

2017102223823.jpg

2017102223836.jpg

 

 

≪ カーズ “フィン・マックミサイルとマックィーン” ≫

【苺のムース15cm フルカラーイラスト(1)影なし2キャラ】

これは完全に2キャラ分です。
「影なし」なのでこの程度までは細かい部分も描くことが出来ました。
これは15cmですが、12cmでは難しいかも。

2017102223855.jpg

201710222399.jpg

 

 

≪ 仮面ライダーフォーゼ ≫

【チョコデコレーション15cm フルカラーイラスト(1)影あり】

この仮面ライダーがオンエアーされていた頃、
何度もオーダーを頂いて描いたのを覚えています。
でも出来上がって、当時よりも上手に描けたような気がします。
昔取った杵柄ですかね?

2017102223941.jpg

2017102223954.jpg

 

 

本日のご紹介は以上です。

やむなくご予約をお断りしてしまったお客様には本当に申し訳なく思っております。
1日1件しか作成できない不甲斐なさをお詫びいたします。
次回は是非お早目のご予約をお願い出来れば嬉しい限りです。

 

それでは本日も長文お付き合い頂き、有難うございました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mu-tenka.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/519

ページ上部へ